・ソ 子どもの矯正歯科治療は早いほど良いか

子どもの矯正歯科治療は早いほど良いか

子どもの矯正歯科治療は、大人になってしまうと手遅れになると言われることもあります。

これだけ聞くと、親はとても心配になります。

この判断は矯正歯科の医師が行いますが、医師によって「様子を見たほうが良い」という人もいれば「すぐに開始した方が良い」というケースもあります。

早く始めた方が良いか、永久歯が生え揃ってから始めた方が良いか、というのは矯正歯科医の間で意見が分かれています。



そのため、あちこちで違う診断を下されてますます迷ってしまう可能性もあります。
歯科医によってどの方法が最も効率的で、理想的な噛み合わせに仕上がるか、という判断は異なります。ひとつの意見としては、歯並びによっては早く始めた方が抜歯をせずに治療ができる可能性がある、ということは言えます。

相談するのは、遅すぎるよりは早すぎる方が良いので、とりあえず相談だけでもしておく、というのでも良いでしょう。

歯並びが気になったときか、もしくは学校の歯科検診で指摘されたときに、信頼できる専門医を訪ねてみると安心です。

iemoについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

早いケースでは、6~7歳から矯正を始めることもあります。


また、もっと小さいうちに顎の位置改善のための矯正治療を始めることもあります。「治療をするのはもう少し先で良い」と言われたら、その理由を聞いておきましょう。

あなたに合った六本木の歯科についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

なぜ先に延ばした方が良いのか、具体的にどんな治療が必要になるのか、などを理解しておけば安心できます。


定期的に相談に行けば、さらに安心して過ごすことができます。