・ソ 虫歯が大きくなってしまった時の歯科治療

虫歯が大きくなってしまった時の歯科治療

虫歯になってしまったら、大きさに合わせて詰め物(インレー)、被せ物(オンレー)で歯科処置します。


奥歯と奥歯の間に虫歯ができてしまった時には、インレー修復を用いることが多いです。

効率がいい産経ニュースの詳細は専用ホームページで紹介しています。

虫歯が大きくなって歯の厚みがなくなると、残った歯に負担がかかって、進行すると割れてしまうこともあります。これを防ぐためには、上の部分はすっぽりかぶせて、側面の厚みのある部分を残すオンレーで処置することもあります。

オンレーはインレーよりも大きな虫歯の処置に向いています。

インレーやオンレーの歯科治療は、最低でも2回治療が必要です。
インレーやオンレーは技巧所で作ることが多いからです。

虫歯部分を削って、インレーやオンレーが入りやすい形に整えます。この段階で歯型(印象)をとって、その型をもとにして技巧所で精密に技巧物を作製します。

次回の歯科受診で噛み合わせを調整して、インレーやオンレーを歯に取り付けます。



奥歯は強い圧力がかかるので、インレーやオンレーは圧力に耐えることが必要です。

保険診療では歯科用合金(金、銀、パラジウム合金)を用います。


いわゆる銀歯のことです。

千歳烏山の歯科を知りたいならこちらです。

自費診療ならば、自然な歯の色に近いセラミックやハイブリッドレジンを用いた修復もありますが、高額になります。

また、強い噛み合わせだと破折しやすいという欠点もあります。

金属は破折の危険がほとんどありません。


人によって虫歯治療で優先させたいことは様々でしょうが、素材の特性を理解しておくと良いでしょう。